• 先天性食道閉鎖症の育児ブログ

    ちびたんが小さいときは、外食や遠出が厳しかったので

    近場でいろいろ買ってきて、おうちで楽しむスタイルで休日を過ごしていました。

    ちびたんを連れて外食できるようになってきたので

    最近あまり行っていなかったのですが

    北海道物産展に久しぶりに行ってきました。

    夫だけですけどね。

    私とちびたんは、別行動でお墓参り。

    一緒に行きたかったのですが、激込みを予想し夫にすべてを託しました。

    スポンサーリンク


    本日の夕飯は、夫チョイスの北海道土産。

    ちびたんはどれも味見するもののお気に召さず…。

    ちびたんが好きだろうと思って、夫に頼んでおいたバルナバの農家のベーコン。

    これは味が好きだそうです!!

    私も大好きなんです。

    とってもおいしいのです。厚切りにして焼いて食べます。

    農家のベーコン ブロック160g DLG金賞受賞 北海道 札幌 美味しい お土産 BBQ 乾塩法 プレゼント 肉 美味 グルメ

     

    ちびたんは、飲み込めません。。。

    なので、よく噛んで味わいだけ楽しんでもらいました。

    どうしてまだ飲み込めないのかなと思いますが、本人が飲み込めないというのであれば

    無理強いはできません。

    飲み込めないものでも、味だけは楽しんでもらいます。

    おいしいものを知って欲しいからです。

    味だけ楽しんでもらうのは、おうちだけ。。。

    外食では、飲み込めるものを楽しんでもらいます。

    ちびたんがチャレンジしたいというなら、外食先でもチャレンジさせます。

    でも、チャレンジは少しだけ。

    飲み込めなさそうであれば、出してもらいます。

    その際は紙に包んで、ビニールに入れて持ち帰り。

    ちびたんは、病気だから飲み込めなくても仕方がないけれど

    口に入れたものを出すのはあまりお行儀が良くないんだよと

    説明しています。

    外は、おうちみたいにはいかないことを理解してもらっています。

    ちびたんがおじいちゃんに

    「食道閉鎖で生まれたから、飲み込めないものもあるのよ」

    と言っているのを聞きました。

    食道閉鎖のことを理解して、食事を楽しんで行ってくれたら言いなと思います。

     


    コメント一覧

    返信2018年9月24日 10:31 PM

    ひつじ25/

    こんばんは、うさんこさん。 ちびたんは自分の病気をちゃんと理解して居るんですね。いつ頃から理解できたのでしょう? 我が子は、じき3歳になリますが、理解はまだまだ遠そうです。毎食、食べ物を口に運ぶ度に良く噛んで、少しずつと声をかけ続けているのです。 この連休中には、目を離したスキに大人用のおかずをつまみ食いして、詰まらせています。病院へ駆込み処置してもらいましたが、まだ残っているようで、水分しか取れていません。再診時迄に詰まっている(食べられない)と全身麻酔で取るとの事。もう親子ともぐったりです。ちびたんはそんな事(取り切れず何度も処置してもらったり等)有りましたか?

      返信2018年9月25日 8:35 PM

      usankomami24/

      こんばんは、ひつじさん。大変でしたね。。。 ちびたんが自分の病気を理解し出したのは、三歳後半くらいからかなと思います。 ちびたんも、目を離した隙に、大人の鶏肉を食べたことありますよ。一歳ちょっとのときです。 かなり大きいものが出てきたそうです…。 そして、ちびたんも全身麻酔で詰まったものをとった経験もあります。 忘れもしないシャウエッセンです。 処置してもらってもとれなかったので、全身麻酔でとってもらいました。 夕飯時でした。 夜、救急外来に駆け込み、全身麻酔でとってもらったので一泊。 翌日、昼頃帰ったのを覚えています。 ちびたんは、二歳半くらいまでよく詰まらせていました。 そのせいで飲み込むのに、慎重になったんですね。 今でもお肉を飲み込まないのは、慎重になり過ぎているからだと思います。

    ひつじ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です